グルメ

O脚の原因を教えて!

 

O脚の原因を知りたいあなたへ

O脚になってしまう原因には、主に歩き方や姿勢に原因があると言われています。

O脚は、赤ちゃんのときは誰でもO脚の状態で、2歳前後で解消されます。
その後X脚になり、7~10歳前後で正常な脚へと整形されていきます。

 

普段の生活の中で、横座りやあぐら、片足に体重をかけて長時間立っていたり、
内股に歩くことが習慣になっているとO脚になりやすくなります。

これらの動きは少しずつ関節に歪みやねじれが起こり、脚がOの形に開いてしまいます。

 

O脚の原因

そのほか、O脚の主な原因としては、
・過度な運動やハイヒールを履き続ける
・ねじった状態で体重をかけて座る
・片足立ち、猫背
・運動不足による、筋力の低下

など、O脚の原因は親の遺伝によるものではなく、普段の生活や姿勢が原因で
あることがほとんどです。

なかには、怪我が原因でO脚になってしまう場合もあります。
これは成長期に捻挫や脚の関節部の骨折、靭帯損傷などをおこすと、
膝関節が変形しやすくなります。

 

また、加齢や肥満によるO脚もあります。
関節の軟骨が摩擦し消耗したり、変形しておこる変形性膝関節症などは、
加齢や肥満が原因とされています。

幼児期に歩き出す時期が早すぎると、未発達の骨に負担がかかりO脚が治らなくなる
ブラウント病なども、O脚の原因とされています。

 

O脚の原因を改善したいあなたへ

O脚 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ