グルメ

X脚になる原因を私だけに教えて!

 

X脚の原因を知りたいあなたへ

X脚とは、両足をそろえて立ったとき、膝の内側の骨がぶつかっている状態のことです。

X脚は放置しておくと、歩行困難などの健康被害を及ぼすため、
病院での矯正の対象となっています。

正常な状態より体の重心がずれてしまうため、
必要以上の負担が腰や膝にかかります。

脚の関節は上半身の体重を支える役割を持っているため、
体重が一方のみに偏ってしまうと、内臓が圧迫され、
機能障害やホルモンバランスの崩れを引き起こし、肌荒れなどの原因にもつながります。

そのため、長期間続けていると生理痛や便秘などの症状を引き起こす可能性があります。

 

X脚の原因

X脚は、股関節や膝、足首の関節の歪みやずれにより引き起こされます。
骨盤を支える腹直筋と脊柱起立筋とよばれる筋肉の緩みが原因にあります。

これらの症状のうち、生まれつきや遺伝によりX脚が引き起こされることは少なく、
症状を持つ人の0.01%に満たないといわれています。

X脚は普段の生活習慣により引き起こされることが多く、矯正には生活習慣を改善することが大切です。

 

日常生活の中で、X脚になりやすい原因として代表的なものには、
・あぐら座り
・横座り
・足を組んで座る
・片足に重心をかけて立つ
・足をクロスして立つ
・歩幅が狭く、とぼとぼと歩いている
・内股で歩いている

などがあります。
該当するものがある人は、注意しましょう。

 

X脚の原因を改善したいあなたへ

X脚 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

O脚の原因を教えて!

 

O脚の原因を知りたいあなたへ

O脚になってしまう原因には、主に歩き方や姿勢に原因があると言われています。

O脚は、赤ちゃんのときは誰でもO脚の状態で、2歳前後で解消されます。
その後X脚になり、7~10歳前後で正常な脚へと整形されていきます。

 

普段の生活の中で、横座りやあぐら、片足に体重をかけて長時間立っていたり、
内股に歩くことが習慣になっているとO脚になりやすくなります。

これらの動きは少しずつ関節に歪みやねじれが起こり、脚がOの形に開いてしまいます。

 

O脚の原因

そのほか、O脚の主な原因としては、
・過度な運動やハイヒールを履き続ける
・ねじった状態で体重をかけて座る
・片足立ち、猫背
・運動不足による、筋力の低下

など、O脚の原因は親の遺伝によるものではなく、普段の生活や姿勢が原因で
あることがほとんどです。

なかには、怪我が原因でO脚になってしまう場合もあります。
これは成長期に捻挫や脚の関節部の骨折、靭帯損傷などをおこすと、
膝関節が変形しやすくなります。

 

また、加齢や肥満によるO脚もあります。
関節の軟骨が摩擦し消耗したり、変形しておこる変形性膝関節症などは、
加齢や肥満が原因とされています。

幼児期に歩き出す時期が早すぎると、未発達の骨に負担がかかりO脚が治らなくなる
ブラウント病なども、O脚の原因とされています。

 

O脚の原因を改善したいあなたへ

O脚 原因

詳細はこちらをクリック!

タグ

このページの先頭へ